小林(こばやし)城

2017年1月30日撮影


◆別名:

 

◆所在:

名古屋市中区大須4

 

◆交通:

 

◆歴史:

天文17年(1548年)織田信秀が末森城を築いて本拠地を移すと、鎌倉街道の抑えとして、川村北城にいた娘婿の牧長清に命じて、小林城を築かせた。

 

その後、支城として島田城を築くなど、信長の勢力拡大と共に支配地域を広げていったが、元亀元年(1570年)に長清が死去すると、小林城も廃城となった。

 

◆現在:

長清の死後に城跡は廃れたが、柳生兵庫の屋敷となる。

元禄年間(1688年~1704年)に清浄寺が建立され、尾張徳川家累代の祈祷所となり、境内には牧父子の墓所が存在する。

 

また、長清は、生涯において富士登山を数度行うものの、老境にさしかかり富士登山ができなくなると、富士塚を作り浅間神社を勧進しており、現在も浅間神社として大須観音東に残されている。


清浄寺境内に立つ牧父子の墓所