大地掛(だいちがけ)城

2016年1月16日撮影


◆別名:

ゴウメの城

 

◆所在:

名古屋市南区鳥栖2

 

◆交通:

 

◆歴史:

築城年などは不明だが、成田氏の鳥栖城からは数百メートルしか離れていないため、新屋敷西城と同様、鳥栖城の支城と思われる。

 

八剣社に建つ看板によると、辺り一帯は古来より交通の要所であり、この地方を治める豪族の古墳の上に八剣社が築かれている。

 

城があったとされる一帯は宅地化されて平地となっているが、当時は桜中村城を中心とした天白川河口に位置する島の一角であり、城の北東に位置する八剣社は鬼門を守る社であると共に、物見櫓を築けば、鳴海城などがある東方面が一望できるため、最前線の砦のような役割を持っていたと推定される。

 

なお、別名のゴウメの城とは、城の昔の住所が東郷町字梅であった事から、地元の人が『東郷梅の城』を縮めた呼び方との事である。

 

◆現在:

八剣神社と桜小学校の間に築かれていたと言われている。

八剣社には帯曲輪とも取れる部分がいくつもあるが、遺構とは言い切れず、本郭があったとされる地は宅地となり、明確な遺構は存在しない。


社の南側は段状になっており、曲輪とも取れる。


社の南側の道路は旧鎌倉街道