龍泉寺(りゅうせんじ)城

龍泉寺本堂裏に建つ模擬天守(内部は資料館)

 

2017年2月26日撮影


◆別名:

 

◆所在:

名古屋市守山区龍泉寺

 

◆交通:

 

◆歴史:

龍泉寺は延暦年間(782年~806年)に最澄が建立したとあるが、延暦2年(783年)から同21年(802年)までは比叡山などで修業を行い、延暦23年(804年)から1年間は空海と共に中国へと渡海しているため、弘仁6年(815年)から行った東国行脚の途中での開基ではないかと考えられる。

 

龍泉寺は庄内川沿いの断崖の上に建ち、濃尾平野を一望できるため、有事の際には軍事拠点として利用される事がたびたびあった。

 

弘治2年(1556年)織田信行が、柴田勝家らを味方に付けて兄の信長との家督争いを行った際に、龍泉寺を城塞化し、ここを拠点として、城から北へ3km程にある信長の倉入地である篠木郷を略奪しており、永禄3年(1560年)の桶狭間合戦の際は、織田信長が清州城の防衛線として、龍泉寺城をはじめとした庄内川沿いの各城へ部隊を派遣している。

 

天正12年(1584年)に起こった小牧長久手の戦いの際は、小幡城へ入った徳川家康を討つべく、豊臣秀吉は龍泉寺に入り、一夜にして空堀を築いたと言われている。

現在残されている空堀跡は、この際に掘られた物と考えられているが、秀吉の兵が撤収する際に、本堂などに放火して立ち去ったため、本堂などの建物は後世に再建されたものである。

 

◆現在:

龍泉寺の東側の竹藪内に空堀や土塁の跡などが残されている。


龍泉寺から小牧方面を撮影。

写真中央の工場左側にある山が小牧山城。

 

小牧長久手の戦いの途中で、小幡城に入った家康軍が小牧城へと兵を戻したのを見て、秀吉も楽田城へと引き上げたと言われているが、当時とぼほ同じ景色を、今でも見ることができる。


竹藪の中に残る空堀跡