中根(なかね)城

東八幡社の鳥居脇には中根中ノ城の看板が取り付けられていた。

 

2017年3月6日撮影


◆別名:

菱池砦

 

◆所在:

名古屋市瑞穂区中根町

 

◆交通:

 

◆歴史:

中根南城中根北城と共に張州府志や尾張志に記載のある城で、城主には村上弥右衛門の名前がある。

中根北城主には村上承膳、主城と言われている中根南城は、織田信長の異母弟である織田信照が城主となっている。

 

永禄年間(1558年~1570年)末頃に信照が中根氏の養子となり、中根南城へ入るまでは、村上氏がこの地を実効支配していたと思われ、天正9年(1581年)に行われた、京都馬揃で信照は御連枝衆の一人として、中根姓で参加している。

 

翌年の天正10年(1582年)に本能寺の変で兄の信長が死去した後は、甥の信雄に仕えているが、小牧長久手の戦いで羽柴方に捕まっているが、その後、信長の弟である事から、秀吉から沓掛城を与えられているので、中根の各城はこの頃に廃城になったと思われる。

 

◆現在:

一帯は宅地化され、遺構などは残されていない。