高田(たかだ)城

御剣小学校の校門前にある城跡の看板

 

2017年3月6日撮影


◆別名:

 

◆所在:

瑞穂区亀城町

 

◆交通:

 

◆歴史:

源平時代に尾張源氏の流れを汲む高田重家の城館と伝わる。

 

永禄年間(1558年~1570年)には村瀬兵庫が在住したと言われており、城址近辺にある八剣社は兵庫の創建による物である。

その後、織田信長の家臣の一人である磯貝重久の息子が村瀬に改姓しているが、兵庫との関係は定かではない。

 

◆現在:

城跡一帯は亀城町、その東側には駒場町の地名があり、城が有った事を思わせる。

御剣小学校の校門前に高田城跡の表示板が立っているが、遺構等は存在しない。


小学校の北東角は亀城町6丁目となっており、南西に向かってゆるやかな下り坂になっている。