丸根(まるね)砦

2014年12月15日撮影


◆所在:

名古屋市緑区大高町丸根


◆交通:

JR東海道線と並行して東側に県道50号線が通っている。大高駅から県道50号線を南に1キロ弱走ると砦前の交差点がある。交差点を左折すると、右手に大高緑地公園の駐車場があるので、そこに車を停める。道を挟んで駐車場の向かいにある小高い箇所が丸根砦跡となる。


◆歴史:

織田信長と今川義元が領土争いをする中、義元が上洛を目指して西上を開始。尾張攻略の拠点の一つとして、当時は今川方に所属していた大高城を監視する目的で信長が作らせた砦の一つ。


◆現在:

周辺は住宅地となっているが、砦の中心は史跡として整備され、外堀や土塁などがよく残っている。

JR線を挟んで、大高駅の南には大高城を見る事ができ、松平元康の兵糧運び込みが困難だった事も理解できる。


写真の中央右側に見える木の生い茂った所が大高城になる。


砦を登る途中では、横郭を見る事ができる。


緑地公園駐車場から撮影した丸根砦の遠景

中央の高い木がある所が丸根砦