鷲津(わしづ)砦

2014年12月15日撮影


◆所在:

名古屋市緑区大高町字鷲津


◆交通:

大高駅の東を走る県道50号線に鷲津砦公園の駐車場が有る


◆歴史:

織田信長と今川義元が領土争いをする中、義元が上洛を目指して西上を開始。尾張攻略の拠点の一つとして、当時は今川方に所属していた大高城を監視する目的で丸根砦などと共に信長が作らせた砦の一つ。


◆現在:

JR線から北に向けて小高い丘となっており、その丘陵上に作られた砦。

線路と平行して走る県道58号線沿いに駐車場があり、そこから鷲津砦公園に入る事ができる。

公園内を登って行くと砦跡の碑が立っており、その先は住宅地が丸根砦まで続いている。

現在は埋め立ても進み住宅地が続くが、当時は海岸線の先に熱田神宮あたりまで見通せたと思われる。


公園脇に立つ看板

看板脇の階段を登っていくと砦の頂上部に着く。


落葉で判りにくいが畝堀・切岸の跡